唇を厚くする手段、注入療法と外科的療法、痛みが伴わないやり方

唇を厚くする場合、一般的なスキンケアでは難しいです。元々、遺伝子や生態の仕組みで自然に唇が形成されますから、人口的な手段などを用いらない限りは、形や厚さを変えることは難しいと言えます。しかし、「整形」という手段を用いれば厚くすることができるのがメリットです。しかし、外科的療法を選んだ場合、切開をしなくてはいけません。
切開は麻酔を打った後に行えばほとんど痛くはないと言えます。しかし、問題なのは手術を終えた後です。麻酔が切れた後は激痛が走りやすくなり、ストレスや日常生活に問題を来すことは否定できません。切開した箇所が完全に修復すれば問題はありませんが、それまでの間はダウンタイムなどにも悩まされるのがデメリットです。なるべく不快症状を軽減させるために痛み止めは必要です。

外科的療法と注入療法について、リスクを比較

外科的療法とはいわゆる手術、切開を前提にして対処・処置します。大幅に整形する箇所を変えられるメリットがありますが、代償として大きなリスクが伴うのが決定的です。しかし、「アヒルリップ」などにしたい方には有効な手段であり、劇的な変化に期待できる可能性があります。麻酔を打った後に切開を行い、無事に終了した後はダウンタイムが待っています。完治するまでに痛み止めは必須です。
もう一方、注入療法ですが、それは『ヒアルロン酸』を入れて厚みを出す手段です。これは外科的療法、切開よりも遥かにローリスクであり、ダウンタイムに悩まされることもほとんどありません。切開してつなぎ合わせた後に必ず反動としてダウンタイムが来ますが、注入療法は切開しないため、そのような問題が発生しません。

注入療法のリスクとメリットに関して、厚みを維持させるやり方

注入療法はリスクがいくつか目立ちますが、外科的療法よりもリスクは少ないです。注射器を使って、唇にヒアルロン酸などを注入しますが、針を刺すのが前提です。痛みはともなうため、麻酔はしてもらう方がストレスは回避できます。また、ヒアルロン酸自体は栄養・美容成分として幅広く知られている天然の産物ですから、注入した後に吸収し始めます。
ヒアルロン酸を注入すると厚みが出てきますが、それは一過性です。維持したいなら整形外科や美容クリニックに通って、定期的に注入しなければいけません。しかし、ヒアルロン酸が吸収されれば表面も綺麗になり、縦シワが消えたり、ハリが出てくるのは大きなメリットです。厚みを出すだけではなく、アンチエイジングにも作用しますから、外科的療法よりも負担が少なくメリットが目立ちます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加