見た目の印象が変わる唇を厚くする施術の選び方

口元は、顔の印象に大きな影響を与えます。口紅の色が何種類も出ていて、つややかに見せるコスメがたくさん売られているのも、口がふっくらとしていて艶やかな状態が人を引き付けるからです。遺伝によって小さい口であったとしても、ぽってりとしていれば女性らしい印象を与えます。加齢で衰えた場合も厚みがない薄い唇は厚くする施術の選び方次第で、クールだった口元を女性らしく魅力的に変えることが可能です。アヒル口が可愛く幼い印象を与えるように、施術の仕方次第でなりたい口元を目指すことができます。美容外科においては、様々な対応が行われていますが、注入する施術は簡単に終わりますが永久出来ではないため、再施術が必要になりますし、外科的対応は、ダウンタイムがある程度必要になりますが、ほぼ永久的な変化が期待できます。

唇を厚くする施術の選び方が重要な理由

口はデリケートな部分であり、ちょっとした刺激でも腫れ上がって熱を持ったりしますから、考えもせず何度も施術を受けるようなことになったら、それだけダメージを受けてしまいます。簡単に施術が終わる注入法には、主に2種類あって、ヒアルロン酸を注入する方法と、自分の脂肪を採取して入れる方法です。ヒアルロン酸は腫れも少なく短時間で希望の形に口を近づけることが可能ですが、脂肪の場合、採取した後不純物を取り除く分離を行い注入する必要があるため、ある程度時間がかかり採取部分と注入場所の2か所がダメージを受けることになります。施術の簡単さから、ヒアルロン酸のほうが良いように感じられますが、2年程度で吸収されてもとに戻ってしまうので再施術が必要になってきます。脂肪の場合は1回の施術できちんと定着すれば半永久的な効果が得られ、何度も施術する必要がありません。

唇を厚くする施術の選び方次第で変わる魅力とは

ハリと潤いがある厚ぼったい口に変身すると、女性としての魅力が高まるだけでなく、若々しく見えたり表情も豊かに変化して相手に与える印象に大きな差が出ます。表情が乏しいことが気になっていた人は、口元から変えて、若い人に人気のアヒル口も簡単に行うことが可能です。口周りの筋肉が衰え、口内に引っ張られてしまい薄さが目立っている場合は、注入しても十分なふっくら感が出ない恐れがあります。外科的手術で口内を切開したり、鼻の下の部分の皮膚を数ミリ切除して、口の赤い部分を増やすようにすれば、注入しなくても印象的な口元を形成できます。傷が治れば不自然さがなくなり、注入するよりも自然な表情が作れるようになる術式です。手術に2時間程度必要で、局所麻酔や腫れが治まるまでに1週間程度、傷がなくなるまで半年近くかかりますが、理想的な口を再現しやすい魅力的な方法です。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加