唇を厚くするおすすめの美容整形術

美容整形は美容を整えるために行われる医療行為です。特に顔に関してはさまざまな美容整形がありますが、そのひとつが唇を厚くするというものがあります。行うメリットとしては、厚みを出すことで女性らしい艶やかな口元にすることができ、セクシーな女性らしさを得ることができます。 これらを行うためには注入療法と外科的療法があり、特に前者の方法はヒアルロン酸や自身の脂肪を注入することによってボリュームを持たせることができます。これらは注射器を使って注入するので短時間で行えるメリットがありますが、いずれは体内に吸収されてしまいます。 一方で外科的療法では外側に引っ張ることで赤身部分を増大させるといった方法が行われます。この場合には上の場合には皮膚を切除する手術が行われます。 おすすめの方法は人によって異なりますが、ヒアルロン酸注射がリスクが低く気軽に行えます。

外科的療法の種類とメリットとデメリット

外科的な方法としては鼻下の皮膚を切除するものと、口腔内の粘膜を口外に出すといった方法があります。前者は鼻の下の皮膚を切除するため縫合跡が残るリスクがありますが見えている部分を切除するので術後の経過が良好で食事も普通に行えます。ただし鼻下の切除のみですので上唇しか厚くすることができません。 一方で口腔内の粘膜を切除する場合には縫合跡が見えないメリットがありますが、口の内部で縫合するため治癒するまで注意が必要ですが、下側も行うことができます。 また両者とも外科的には切除したり伸ばしたりすることですから、術後に気に入らないといった場合には修正するのが困難です。このため外科的療法を受けるさいには、事前のシミュレーションなどをもとに納得した上で行う必要があります。

注入療法の種類とメリットとデメリット

唇を厚くする方法としてスタンダードでありおすすめなのが注入療法です。注入療法では注射器を使って注入することでボリュームアップするので手術とは異なり切開をともなわずダウンタイムも少ないメリットがあります。一方で注入するものはヒアルロン酸や自身の脂肪といったものがあります。 ヒアルロン酸がもっともポピュラーな方法ですがアレルギー反応が出る可能性がありますし、ヒアルロン酸の質によっても変わってきます。また多くは1年から3年程度で体内に吸収されるので永久的な効果が得られないのがデメリットですが、きめ細やかに細やかな厚みを増やすことができます。脂肪注入は脂肪を採取する必要があり、このため脂肪吸引と合わせて行われますが、ヒアルロン酸よりも粒子が大きいので思った形にならない可能性があります。 このため注入療法ではヒアルロン酸が中心に行われており、またきめ細やかに形をつくることができるのでおすすめです。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加